新人間革命第12巻

小説「新・人間革命」に学ぶ

今回の「世界広布の大道 小説『新・人間革命』に学ぶ」は第12巻の「基礎資料編」。各章のあらすじ等を紹介する。次回の「名場面編」は9日付、「御書編」は16日付、「解説編」は23日付の予定。

第12巻基礎資料

物語の時期
1967年(昭和42年)5月3日~1969年7月17日

「新緑」の章

1967年(昭和42年)5月3日、山本伸一の会長就任7周年となる本部幹部会が、日大講堂で開催される。席上、彼は、当時の社会が抱える「人間疎外」の問題を鋭く分析し、日蓮仏法こそが、新たな精神文明を開きゆく力であると訴えた。総会を終えた伸一は、13日、アメリカ、ヨーロッパ歴訪の旅に出発する。座談会に集ったのは三十数人にすぎなかった。しかし、今やメンバーは拠点に発展していた。15日、一行はロサンゼルスへ。アメリカを総合本部とすることを発表。17日、ニューヨークを訪れ、ダンサーなど、芸術家を志す青年たちを激励する。20日には、フランス・パリ郊外のヌイイに誕生したパリ会館の入仏式に出席。皆が一人立ち、その一人一人の勝利があると指導する。さらに、イタリア、スイス、オランダと回り、各地で「新緑」のような、希望あふれる青年たちを全力で励まし続ける。

暁光開墾常勝躍進
〈1967年(昭和42年)5月3日、会長就任7周年を迎えた山本伸一は、10日後には海外指導に出発し、最初の訪問地・ハワイへ〉

真剣の二字に勇気と知恵が

回の旅で彼(山本伸一=編集部注)が決意していたこともまた、七年前と同じく、一人でも多くの人と会い、励まし、その胸中に使命の種を植えることであった。(中略)彼は握手をしながら、その人のための励ましの言葉を、瞬時に紡ぎ出した。ある年配者には、こう激励した。「いつまでも、長生きをしてください。人生の勝利の姿は、地位を手に入れたかどうかで決まるものではありません。最後は、どれだけ喜びをもって、はつらつとした心で、人生を生き抜いたかです。あなたの、その姿自体が、信心のすばらしさの証明になります。」また、ある青年には、こう語った。「”信心の英雄”になろうよ。それには、自分に負けないで、君自身の広布の歴史をつくることだよ。私もそうしてきたし、それが最高の人生の財産になる」どの言葉も、最も的確に、相手の心をとらえていた。魂の琴線をかき鳴らし、歓喜の調べ、勇気の調べを奏でた。この日の夜、ホテルで打ち合わせをした折、アメリカの日系人の幹部が伸一に尋ねた。「先生がそれぞれのメンバーに語られる、激励の言葉を聞かせていただきまして、その内容が本人にとって、本当にぴったりのことばかりなので驚いております。どうすすれば、ああいう言葉をかけることができるのでしょうか」「私は真剣なんです!」伸一から返ってきたのは、その一言であった。特別な秘訣や技巧などはない。真剣ーーこの二字のなかには、すべてが含まれる。力も涌く。知恵もも回る。また、真剣の人には、ふざけも、油断も、怠惰もない。だから、負けないのである。そして、そこには、健気さが放つ、誠実なる人格の輝きがある。伸一が、一人ひとりに的確な励ましを送ることができるもの、”もうこの人と会うのは最後かもしれない”という、一期一会の思いで、瞬間、瞬間、魂を燃焼し尽して、激励にあたっているからである。(「新緑」の章、20~23ページ)

「愛郷」の章

伸一は、アメリカ、ヨーロッパ訪問から帰ると、休む間もなく大阪や滋賀県の彦根など、各地を回り、6月23日に、長崎県の松代へ向かう。松代では、2年前の1965年(昭和40年)8月から群発地震が続いていた。伸一は、その年の11月、激励に向かう派遣幹部に”松代の同志には、強い「愛郷」の心で、住民の依怙依託となって地域を守り抜いてほしい”との思いを語る。同志は、わが地域を寂光土に変えようと誓い、決意をと弘教に立つ。また、松代の幹部は、大きな地震の後には、自主的に会員の家へ、安否確認と、激励に回る。この励ましのネットワークは、やがて会員だけでなく、自然に地域の友へと広がっていった。そして、67年(同42年)6月、松代会館を訪れた伸一は、苦難に負けず、模範の国土、組織を築こうと訴える。7月には、九州、中部、東北を回り、8月には、兵庫、福井、富山を訪問。15日は、岐阜・高山市に。伸一は、江戸時代、悪政に抗して農民が決起した、この飛騨の地、「幸福の花園」を、「人間共和の故郷」を築いてほしいと期待を述べる。

〈長野総合本部長の赤石雪夫は、青年時代に、兼任した役職を全うしていくことに悩み、山本伸一のアパートを訪れたことがあった。伸一は彼を銭湯に誘った。〉

腹を決めれば力が湧く!

石は、湯につかりながら、伸一に尋ねた。「たくさんの役職をもち、私なんかより、はるかに多忙なのに、どうして、そんなに悠然としていられるんでしょうか」(中略)「もし、みんなの目にそう映るとしたなら、それは、私が腹を決めているからだよ。一瞬たりとも、気を抜くことはできないというのが、今の私の立場だ。戸田先生のご存命中に広宣流布の永遠の流れを開いていただかなくてはならない。そのためには、学会は、失敗も、負けることも、決して許されない。私は、その責任を担っている。もし、負けるようなことがあれば、先生の広宣流布の構想が崩れてしまうことになる。師匠の構想を破綻させるような弟子には、私は絶対になってはならないと心に決めている。そんな弟子では、結果的にみれば、獅子身中の虫と変わらないしゃないか。だから、負けられないんだ。勝つことが宿命づけられているんだ。私は断じて勝つーーそう心を定めて、祈り抜いていけば、勇気も湧涌く。知恵も湧く。力も湧いてくる」 赤石は、何度も頷きながら、伸一の話を聞いていた。「何度も受け身で、人に言われて動いていれば、つまらないし、勢いも出ない。その精神は奴隷のようなものだ。しかし、自ら勇んで挑戦していくならば、王者の活動だ。生命は燃え上がり、歓喜もみなぎる。同じ動きをしているように見えても、能動か、受動かによって、心の燃焼度、充実度は、全く異なる。それは、当然、結果となって現れてくる。どうせ活動するなら、君も、常に自分らしく、勇んで行動する主体者になることだよ」(中略)アパートに戻ってからも、伸一は、赤石を励まし続けた。「(中略)広宣流布のために、うんと苦労をしようよ。うんと悩もうよ。うんと汗を流そうよ。自分の苦労なんて、誰もわからなくてもいいじゃないか。御本尊様は、すべてご存知だもの」(「愛郷」の章、134~136ページ)

「天舞」の章

9月1日、東京・信濃町に創価文化会館が開館する。続いて関西にも文化会館が完成。それは、仏法を基調に、平和と文化を推進する創価学会を象徴するものとなる。伸一は、この年、全国を回りながら、四国には「楽土建設の革命児たれ」、九州には「つねに先駆の九州たれ」など、各方面にモットーを示していった。10月15日には、東京文化祭が国立競技場で開催される。舞い行く赤鷲など、千変万化する人文字や、歓喜のダンスが繰り広げられた。出演者の一人一人に、自己の壁に挑み、限界を打ち破る勝利のドラマがあった。天を舞うがごとき、青春乱舞の舞台であった。大成功の陰には、人文字の下絵や各演目の振り付け等に献身する人の支えがあった。文化祭終了後、伸一は真っ先に、会場の外で黙々と整理や清掃に取り組む青年たちに感謝の言葉をかける。30日、伸一は「ヨーロッパ統合の父」クーデンホーフ・カレルギー伯爵と会見。人類の恒久平和実現を願う2人は、深く共鳴し合う。後年、この対談は、対談集『文明・西と東』として結実する。

〈10月、国立競技場で開催された東京文化祭では、4万2千人が出演した人文字が、花園を駆ける小鹿や、世界各地の風景を描き出し、観客を魅了した〉

立場などかなぐり捨てて

絵の制作にあたった芸術部員のなかには、(中略)世間によく名の通った画家もいた。その著名な画家たちがつくった下絵も、容赦なくボツになった。(中略)皆が感嘆し、納得のいく絵でなければ、審査はパスしなかったからだ。だが、何度、ボツになろうが、そのことで文句を言ったり、やめると言い出す芸術部員は一人もいなかった。皆、自分の画壇での立場も権威も、かなぐり捨てていた。メンバーは、皆で力を合わせ、後世に残る最高の人文字をつくることに徹しきろうと、心を定め、集って来たのである。から、絵がボツになると、自分の絵のどこに問題があったのかを真摯に思索し、挑戦の意欲をますます燃え上がらせるのであった。およそ、一般社会では考えられない、この姿を見て、若手の芸術部員が著名な画家に言った。「高名な先生が、ボランティアで、人文字の下絵を描かれるとは思いませんでした」すると、彼は笑いながら答えた。「私は、画家である前に学会員ですからな。一会員として、広宣流布の新時代を開く文化祭は、映画にもなるそうですから、何百万という人が、文化祭を見ることになる。その人たちに、心から感動を与え、生きる勇気と希望を与えるお手伝いができるなんで、すごいことじゃないですか。さらに、この作業が、仏法のすばらしさを証明していくことになる。こうした偉業にかかわれるというのは、まさに千載一遇ですよ。また、いろいろな考えや画風の人が、力を合わせて、新しい芸術を創り出すことなんて、めったにあるもんじゃない。普段 は自分の世界に閉じこもっているだけに、この機会は、私にとっては、新しい刺激と発想が得られるチャンスだと思っています。今回の作業を通して、狭量な自分の殻を破り、境涯を開きたいと考えているんですよ」(「天舞」の章、213~214ページ)

「栄光」の章

1968年(昭和43年)「栄光の年」は、伸一の詩「栄光への門出に」とともにスタートした。4月8日、東京・小平市の創価学園(中学校・高等学校)では、待望の第1回入学式が行われた。創立者の伸一は開校に先立って、「真理を求める、価値を創造する、英知と情熱の人たれ」など、五つの指針を贈った。創価教育を実践する学校の設立は、牧口常三郎初代会長から弟子の戸田城聖に、さらに、戸田から伸一に託された構想であった。伸一は、入学式当日、式典後に学園を訪れ、「英知 栄光 情熱」のモットーが刻まれた碑の除幕式に臨んだ。生徒と共に「栄光橋」を渡り、また、記念のカメラにも納まった。その後も、彼は学園に幾度も足を運ぶ。親元を離れて暮らす寮生の代表とも懇談し、皆をわが子のごとく激励する。伸一の慈愛に包まれ、生徒たちは大きく成長していく。やがて、大学、幼稚園、小学校と、創価一貫教育が完成。また、アメリカ創価大学をはじめ、創価教育の園は、海外にも広がり、卒業生は、全世界を舞台に、社会貢献の実証を示していくのである。

〈1968年(昭和43年)、創価学園が開校した。栄光寮の寮生たちは寮歌を制作。7月、テープに吹き込み、山本伸一のもとに届けた〉

「未来に羽ばかけ 君と僕」

一は、それを、妻の峯子とともに聴いた。「いい歌だね。さわやかで、すがすがしい。そして、力強い。二十一世紀に羽ばたかんとする、学園生の心意気がみなぎっている。名曲が完成したね」伸一は、毎日、このテープを聴き、学園生の未来に思いをめぐらせ、成長を祈念した。(中略)伸一は、彼らの一途な開道の心意気に、なんとしても応えたいと思った。そして、寮歌の五番の歌詞をつくって、贈ろうと考えた。八月は夏期講習会が二十三日まで行われ、陣頭指揮をとっていた伸一多忙を極めていたが、寮歌の五番の作詞にとりかかった。四番までの歌詞を何度も読み返しては思索し、五番では友情をうたおうと思った。ペンを手にすると、伸一の頭には、泉のように言葉が浮かんだ。それを吟味するかのように、推敲を重ね、歌詞を書き記していった。
五、 富士が見えるぞ 武蔵野の 渓流清き 鳳雛の 平和をめざすは なんのため 輝く友の 道拓く 未来に羽ばたけ 君と僕
「輝く友の 道拓く」の箇所には、学園生のために命がけで道を開こうと決めた、伸一自身の決意も込められていた。(中略)学園生は、「君と僕」の歌詞に、二つの意味を感じ取っていた。一つは、「君」は「友」であり、「僕」は「自分」である。そして、もう一つは、「君」が「自分」であり、「僕」は、創立者である「山本伸一」である。歌いながら、生徒たちは、伸一が極めて身近な存在に思えた。そして、ともに未来に向かって前進する、共戦の父子の絆を感じるのであった。 (「栄光」の章、354~357ページ)

第12巻御書

御文

御文

さきざきよりも百千万億倍・御用心おくばいごようじんあるべし(御書1169ページ、 四条金吾殿御返事しじょうきんごどのごへんじ

通解

以前よりも百千万億倍おくばい用心ようじんしていきなさい。

小説の場面から

〈ヨーロッパの中心者である川崎鋭治は、車の運転で事故を起しています〉 事故には必ず予兆があるものだ。川崎鋭治は、以前、雨のなかでハンドルを切り損ねて、大きな石に乗り上げ、車が転倒するという事故を起していた。この時は、怪我はなかったものの、車は廃車にせざるをえなかった。その直後、日本に来た川崎鋭治から話しを聞いた山本伸一は、こう指導した。

原則の順守が事故を防ぐ

「これは、さらに大きな事故の前兆と受け止めるべきです。リーダーというのは、神経を研ぎ澄まし、一つの事故を戒めとして、敏感に対処していかなくてはならない。そうすれば、大事故を未然に防げる。これからは、もう交通事故など、二度と起こすものかと決めて、真剣に唱題し、徹して安全運転のための原則を守り抜くことです。また、疲労や睡眠不足も、交通事故を引き起こす大きな原因になる。だから、常にベストコンディションで運転できるように、工夫しなければならない。それば、ドライバーの義務です。(中略)運転しながら話しをして、脇見をするようなことがあっては、絶対にならない。それから、幹部は、自分だけではなく、会合が終わったあとなどに、無事故と安全運転を呼びかけていくことも大事です。その一言が、注意を喚起し、事故を未然に防ぐ力になる」(「新緑」の章、52~53ページ)

御文

今日蓮等いまにちれんらたぐい南無妙法蓮華経ととな たてまつもの住処じゅうしょ 山谷曠野皆寂光土せんごくこうやみなじゃっこうどなり(御書781ページ、 御義口伝おんぎくでん

通解

いま南無妙法蓮華経と唱える日蓮とその門下の住所は、それが山であり、谷であり、広野であっても、すべて寂光土である。

小説の場面から

〈1967年(昭和42年)8月、山本伸一は岐阜・高山市を訪問。同志は郷土の発展を祈り、地域に尽くしていた〉村(町)おこしや地域の活性化は、どこでも切実な問題であるが、特に過疎の村や山間の地などにとっては、存亡をかけた大テーマであろう。だが、住民が、その地に失望し、あきらめをいだいている限り、地域の繁栄はありえない。地域を活性化する源泉は、住民一人ひとりの愛郷の心であり、自らが地域建設の主体者であると自覚にある。いわば、住民の心の活性化にこそ鍵がある。(中略)

愛郷あいきょうの心が地域活性の源泉

いかなるところであろうが、私たちが信心に励むその場所が、仏のいる寂光土となる。ゆえに創価の同志は、現実を離れて、彼方に理想や幸福を追い求めるのではなく、自分のいるその地こそ、本来、宝土であるとの信念に生き抜いてきた。そして、いかなる逆境のなかでも、わが地域を誇らかな理想郷に変え、「幸福の旗」「勝利の旗」を打ち立てることを人生哲学とし、自己の使命としてきた。地域の繁栄は、人びとの一念を転換し、心という土壌を耕すことから始まる。そこに、強き郷土愛の根が育まれ、向上の樹木が繁茂し、知恵の花が咲き、地域は美しき幸の沃野となるからだ。また、そのための創価の運動なのである。(「愛郷」の章、194~195ページ)

(「桂冠」の章、304~306ページ)

第一号の対談集

ここにフォーカス「天舞」の章に、クーデンホーフ・カレルギー伯爵と山本伸一との対談の様子がつづられています。伯爵は、28歳で欧州の統合を訴えた著書『パン・ヨーロッパ』を出版。第2次世界大戦の渦中、ナチス・ドイツの迫害を受け、亡命を余儀なくされますが、欧州統合の実現へ向け、行動を続けました。伸一との対談が実現した1967年(昭和42年)は、現在の欧州連合(EU)の前身である欧州共同体(EC)が誕生した年でもありました。創価学会を「世界最初の友愛運動である仏教のよみがえり」と評価していた伯爵は、伸一との対談の折にも、「創価学会による日本における仏教の復興は、世界的な物質主義に対する、日本からの回答であると思います。これは、宗教史上、新たな時代を開くものとなるでしょう」とたたえています。その後も2人の交流は続き、書簡のやりとりが重ねられます。70年(同45年)10月には、開校3年目の創価学園、聖教新聞本社などで、国際情勢や青年論など、多岐にわたるテーマで、計10時間を超える語らいが行われました。2人の対談は、、『文明・西と東』として出版されました。今、池田先生の世界の識者との対談集は80点に及びます。伯爵との対談集は、その第1号となったのです。

第12巻解説

紙面講座池田主任副会長


小説『新・人間革命』第12巻の「愛郷」の章では、打ち続く地震の中、互いに支え合いながら、苦難に立ち向う長野・松代の同志の姿が描かれています。物的な被害と同時に、精神的な被害も拡大する中、同志は励ましのネットワークを広げていきました。先日の台風19号は、各地で甚大な被害をもたらしました。被災された方々に心からお見舞いを申し上げるとともに、お一人お一人の一日も早い生活再建、被災地の復旧・復興を、真剣に祈ってまいります。

第12巻は、2001年(平成13年)4月20日から、連載が始まりました。21世紀が開幕して最初の連載でした。連載とともに、私たちは21世紀の広布前進のリズムを刻んできました。「新緑」の章では、山本伸一の第3代会長就任7周年となる、1967年(昭和42年)5月3日の本部総会の場面から書き起こされています。席上、伸一は「これまでの学会創立以来の歴史よりも、さらに重要であり、広宣流布達成の勝負を決し、基礎を築く七年間であると思います」(12ページ)と語りました。伸一が会長に就任した60年(同35年)以降の7年間で、学会は140万世帯から625万世帯となり、支部数も61から国内だけで3393までに飛躍しました。こうした伸展の中、伸一は方面にモットーを示していきます。四国の「楽土建設の革命児だれ」をはじめ、「人材の牙城・東北たれ」など、次々と発表(202ページ)。それらは今、各地の伝統精神となっています。モットーは、地域に誇りを持ち、今いる場所で使命を果たす大切さを訴えたものです。”広布達成の基礎を築く”前進の時に、伸一は「地域広布」の大切さを改めて示したのです。また、67年10月、彼はクーデンホーフ・カレルギー伯爵と会見し、「文明間対話」を開始しています。「天舞」の章に、「世界平和の希求し、その方途を懸命に探究する伯爵は、まさに、彼にとって”同志”にほかならなかった」(278ページ)と記されています。伸一にとって、目的を共有し、同じ心で進人は、宗教の違い等に関係なく「同志」でした。だからこそ、伸一の対話には、相手への尊敬があり、魂の共鳴が広がり、堅固な心と心の絆が結ばれていくのです。同章には、「相互理解といっても、また、友情といっても、それは、直接会って、語り合うことから始まる」(274ページ)とあります。これこそ、対話が持つ力です。世界平和は、身近な一人と友情を育んでいくことから始まります。地域で対話の輪を広げる私たちの運動の意義は、ますます大きくなっています。

人生を重ね合わせる

「広宣流布は青年部の手で、必ずな遂げていかなくてはならない」(135ページ)ーーこれが、青年部に対する伸一の一貫した思いです。「新緑」の章で、青年育成の要諦が4点挙げられています。1点目は「自分以上の人材にしようという強い一念をもち、伸び伸びと育っていくこと」(40ページ)2点目は「広宣流布のリーダーとしての考え方や行動などの基本を教え、しっかりと、身につけさせること」(41ページ)3点目は「実際に仕事を任せ、活躍の舞台を与えること」(同ページ)。4点目は「悩みを信心のバネにしていくように励ますこと」(42ページ)です。この4点は、青年育成に普遍の方程式です。第12巻では、海外で奮闘する青年をはじめ、東京文化祭に出演した男女青年部の苦闘が詳細に描かれています。それらは、決して過去の物語ではありません。仕事の行き詰まりや病気など、さまざまな悩みと格闘する姿を通して、同じ苦境にある今の青年への励ましなのです。伸一は青年たちに対して、「互いに人を頼るのではなく、皆が一人立たなければならない」(63ページ)と語り、「それぞれが広布の主役であることを自覚し、信心のヒーロー、ヒロインとして、果敢なる挑戦のドラマを」(64ページ)と望んでいます。このエールもまた、今の青年に送られたものにほかなりません。インドをはじめ、海外の青年部も今、伸一と自身の人生を重ね合わせ、『新・人間革命』の研さんに取り組んでいます。『新・人間革命』に記されたシーンを、”人ごと”ではなく、”わがこと”として捉え、行動していく。その求道心こそ、自身の成長の源泉です。

先師を宣揚する戦い

今年の「11.18」は、創価教育の父・牧口常三郎先生の殉教75年に当たります。2017年、ブランド創価学園に「高校の部」が開設されるなど、創価教育の光は今、世界を照らしています。「栄光」の章では、創価学園(中学校・高校)創立の意義がつづられています。創価学園の建設は、伸一にとって、「先師・牧口常三郎の教育思想と正義を宣揚する、第三代会長としての戦い」(321ページ)であり、恩師・戸田城聖先生から託された構想でした。創価学園の「創立記念日」は、牧口先生の祥月命日である11月18日です。つまり、学園の創立は、「牧口先生の教育思想を宣揚し、継承していく」との誓いが込められているのです。学園の開校時、伸一は40歳でした。牧口先生と戸田先生は29歳の年齢差があり、戸田先生と伸一は28歳の差でした。伸一は、学園1期生と自らが、同じほどの年の差であることに、不思議な感慨を覚えます。翌68年7月17日、学園の第2回「栄光祭」席上、伸一は万感の思いを語ります。「諸君は、今の私と、ほぼ同じ年代に、二十世紀を迎えることになる」(384ページ)、「二○○一年を楽しみにして、諸君のために道を開き、陰ながら諸君見守っていきます。それが、私の人生です」(385ページ)伸一の思いを受け、学園生は21世紀へ飛翔を開始していきます。「栄光」の章では、2001年9月の「創価学園二十世紀大会」で締めくくられています。その場面が聖教に掲載されたのは、大会が行われた、わずか3ヶ月後でした。卒業生からは、医師や弁護士、公認会計士など、社会の各分野で活躍する人材が誕生しています。牧口先生、戸田先生の構想を継ぎ、伸一がまいた創価教育の種は、21世紀の今、大きく花開いています。

名言集

人生の道

人生の道は、人それぞれであり、さまざまな生き方がある。しかし、広宣流布の大使命に生き抜くならば、いかなる道を進もうが、最も自身を輝かせ、人生の勝者となることは絶対に間違いない。(「新緑」の章、38ページ)

今日を勝て

昨日、しくじったならば、今日、勝てばよい、今日、負けたなら、明日勝つ。そして、昨日も勝ち、今日も勝ったならば、勝ち続けていくことです。(「愛郷」の章158ページ)

文化は人間性の発露

文化は、人間性の発露である。ゆえに、優れた文化を創造するには、まず、人間の精神、生命を耕し、豊かな人間性の土壌を培うことである。そして、それこそが宗教の使命といえる。(「天舞」の章、200ページ)

世界平和

世界平和とは、与えられるものではない。人間が、人間自身の力と英知で、創造していくものだ。(「天舞」の章、265ペー ジ)

青春時代

青春時代を生きるうえで大事なことは、自分の弱さに負けたり、引きずられたりしないで、自分に挑戦していくことなんです。自分を制し、自分に打ち勝つことが、いっさいにしょうりしていく要諦であることを、忘れないでください。(「栄光」の章、338ページ)