観心本尊抄

広宣流布のための「御本尊」

背景と大意

「観心本尊抄」は、文永10年(1273年)4月25日、日蓮大聖人が52歳の時、流罪の佐渡・ 一谷 いちのさわ で御述作になり、 下総国立葛飾群八幡荘若宮 しもうさのくにかつしかぐんやわたしょうわかみや (千葉県市川市若宮)の門下、富木常忍に送られた重書です。
本抄では、まず、御本尊を受持し、南無妙法蓮華経の唱題に励むことが、末法における成仏の修行であるという「受持即観心」の法門が明かさます。(第1章~16章)。
続いて、末法の衆生が成仏のための信受すべき本尊について述べられ、その本尊は本門の肝心である南無妙法蓮華経であり、地涌の菩薩によって弘められることが明かされます(第17章~30章)。
最後に、成仏の根本法である一念三千を知らない末法の衆生に対しいて、仏が大慈悲を起こし、一念三千を珠を包んだ妙法五字を授与されることを述べて、本抄を結ばれます。(第31章)

<要文・解説>

大段第一

一念三千の典拠を示す

第1章~2章

一心 いっしん 十法界 じゅっぽうかい 一法界 いっぽうかい また 十法界を具すれば 百法界 ひゃっぽうかい なり 一界 いっかい 三十種 さんじゅっしゅ の世間を具す、 の三千・一念の心に在りし若し心 んば 而巳介爾 やみなんけに も心有れば即ち三千を具す(御書238ページ2~3行目)

※天台大師の『摩訶止観』第5巻の「一念三千」を説いた文を掲げられ、前の4巻まえには明かされていないことを確認される。

通解

摩訶止観第五にいわく世間と如是と一で開合の異いがある。夫れ一心に十法界を具し、一法界に又十法界を具すれば百法界である。この百法界の一界に三十種の世間を具すれば即ち一心に三千種の世間を具すことになる。この三千世間は一念の心にあり、もし心がなければ三千を具すことがない。介爾ばかりの心でもあれば即ち三千を具すのである。乃至所以に不可思議境と称し、意は此にあるのである」とある。或本には一界に 三種の世間を具すとある。

一心:生命論に約して瞬間の生命であり、信心に約せば信心の一心であり、大御本尊に約せば自受用身の一念の心法、すなわち大御本尊の中央の南無妙法蓮華経である。一心の一には唯一・無二・平等・絶対・普遍妥当の意味がある。


十法界:十界のこと。地獄・餓鬼・畜生・修羅・人・天・声聞・縁覚・菩薩・仏界をいう。うちゅうの森羅万象の境界を十種に立て分けたので十法界という。


三十種の世間:如是相・如是性・如是体・如是力・如是作・如是因・如是縁・如是果・如是報・如是本末究竟等の十如是それぞれに衆生世間・五陰世間・国土世間がそなわり「三十種の世間」となる。世間とは差別の意。


而已:停止する。中止する。途絶える。


介爾:ほんのわずかばかりの意。芥爾と同じ。


不可思議境:「不可思議」は思議すべからずの意で、あると思えばなく、ないと思えばある。我々の生命がまさしく不可思議である。「境」とは客観のことで、生命を客観的に見れば不可思議境でり、十界・十如・三千世間をととのえられた日蓮大聖人の御生命・ご本尊を不可思議境・妙境としている。

第3章~4章

百界千如 ひゃっかいせんにょ 有情界 うじょうかい かぎ 一念三千 いちねんさぜん 情非情 じょうひじょう わた る(同239ページ8行目)


天台 てんだい 難信難解 なんしんなんげ 二有 にあ いち には 教門 きょうもん の難信難解なり(同239ページ10行目)

一念三千の法門は前代未聞の教えであり、華厳宗や真言宗は、その法門が優れていることを知った元祖が自宗に盗み入れたと指摘される。さらに、草木や国土など感情や意識がないと思われる「非情」をも成仏させる法理であると示される。


大段第二(1)

観心を明かす

第5章

うて いわ 出処既 しゅっしょすで これ を聞く 観心 かんじん の心 如何 いかん 、答えて曰く観心とは我が 己心 こしん を観して 十法界 じゅっぽうかい を見る これ を観心と うなり、 たと えは他人の六根を見ると いえど も未だ 自面 じめん の六根を見ざれば 自具 じぐ の六根を知らず妙鏡に向かう時始めて自具の六根を見るが如し(同240ページ1行目~3行目)

「観心」の意義を明かされる。

第6章

法華経 ほけきょう 第一 方便品 ほうべんぼん いわ く「衆生をして仏知見を開かしめんと欲す」等云々是は九界所具の仏界なり、寿量品に云く「是くの如く我成仏してより 巳来甚大 このかたはなはだおおい に久遠なり寿命・無量阿僧祇劫・常住にして滅せず諸の善男子・我 本菩薩 もとぼさつ の道を行じて成ぜし所の寿命 今猶未 いまなおいま だ尽きず 復上 またかみ の数に倍せり」等云云此の経文は仏界所具の九界なり(同240ページ5~8行目)

法華経の文から九界所具の仏界所具の九界を示し、さらに地獄界から仏界までの十界互具を明かした文証を挙げられる。

第7章

自他の生命に十界を見ることは「難信難解」であり、簡単に信じられるようなら、仏の覚りの真実を説いた正法ではないと仰せになる。

第8章

しばし 他面 ためん を見るに或時は喜び或時は いか り或時は たいらか に或時は むさぼ げん じ或時は おろか 現じ或時は 諂曲 てんごく なり、 いか るは地獄・貪るは餓鬼・癡は畜生・諂曲なるは修羅・喜ぶは天・平かなるは人なり他面の色法に於ては六道共に之れ有り 四聖 ししょう は冥伏して現れざれども委細に之を尋ねば之れ有る可し(同241ページ~7~9行目)

人界に六道が具わることを、人の顔に瞬間瞬間の心の変化が現れることから推察して信じるように促される。

第9章

世間の無常は眼前に有り 豈人界 あににんかい に二乗界無からんや、 無顧 むこ の悪人も 猶妻子 なおさいし を慈愛す菩薩界の 一分 いちぶん なり(同241ページ~15~16行目)


末代の 凡夫出生 ぼんぷしゅっしょう して法華経を信ずるは人界に仏界を具足する故なり(同241ページ~15~16行目)

人界に三乗が具わる一端を示す事例を挙げ、信じるように促される。

第10章

十界互具之を立つ「るは 石中 せきちゅう の火・ 木中 もくちゅう の花信じ難けれども縁に うて出生すれば之を信ず(同242ページ-9行目)


堯舜等 ぎょうしゅうとう 聖人 せいじん の如きは万民に於て 偏頗無 へんぱな し人界の仏界の一分なり、不軽菩薩は所見の人に於て仏身を見る 悉達太子 しったたいし は人界より仏身を成ず此等の現証を以て之を信ず可きなり(同242ページ-11~13行目)

人界所具の仏界は「現証」を見て信じるように促され、三つの実例を挙げられる。

第11~12章

偉大な因行・果徳を具えた釈尊が私たち凡夫の心に具わるとはとても信じられないという教主に関する問いと、法華経に比べて、仏界と九界が断絶している爾前経のほうが真実と思われる等の経典・論書に関する問いをたてられる。

第13~15章

ただ し諸経と法華との相違は経文より 事起 ことおこ って 分明 ふんみょう なり 未顕 みけん 巳顕 いけん 証明 しょうみょう 舌相 ぜっそう と二乗の 成不 じょうふ と始成と久成と 等之 とうこれ を顕わす(同244ページ7行目~8行目)

一念三千の仏種に非ずんば有情の成仏・木画二像の本尊は有名無実なり(同246ページー8行目~9行目)

経典・論書に関する難問に答えられた後、再度、法華経の「難信難解」を示されつつ、教主・釈尊に関する論難について、成仏の根本因は「仏種」であり、仏種である妙法は法華経にのみ説き顕されていると答えられる。

第16章

釈尊 しゃくそん 因行果徳 いんぎょうかとく の二法は妙法蓮華経の五字に具足す 我等此 われらこ の五字を受持すれば 自然 じねん に彼の因果の功徳を譲り与え給う(同246ページ15~16行)

妙覚 みょうがく の釈尊は我等が 血肉 けつにく なり因果の功徳は 骨髄 こつずい あら ずや(同246ページ-18行目)
釈迦・多宝・十方の諸仏は我が仏界なり其の跡を継承して其の功徳を 受徳 じゅとく す(同247ページ-2行目)

我等が己心の釈尊は 五百麈点乃至所顕 ごひゃくじんでんなじしょけん 三身 さんじん にして 無始 むし 古仏 こぶつ なり(同247ページ-4行目)

上行 じょうぎょう 無辺 むへん 行・ 浄行 じょうぎょう 安立 あんりゅう 行等は我等が己心の菩薩なり(同247ページ7行目)

私たち末法の凡夫は、「妙法蓮華経の五字」を受持することによって、凡夫を改めることなく、そのままの姿で仏の因果の功徳を譲り受けることができるという「受持即観心」法門を明かされる。

経典・論書に関する難問に答えられた後、再度、法華経の「難信難解」を示されつつ、教主・釈尊に関する論難について、成仏の根本因は「仏種」であり、仏種である妙法は法華経にのみ説き顕されていると答えられる。


大段第二(2)

本尊を明かす

第17~18章

今本時 いまほんじ の娑婆世界は三災を離れ 四劫 しこう でたる常住の浄土なり(同247ページ-12行目)

爾前経・法華経迹門で説かれた 塾益 じゅくやく の本尊、法華経本門で説かれた 脱益 だっちゃく の本尊を示される。

第19章

此の本門の肝心南無妙法蓮華経の五字に ては 仏猶文殊薬王等 ほとけなおもんじゅやくおうとう にも これ を付属し給わず何に況や 巳外 いげ をや 但地涌千界 ただじゆせんがい して八品を説いて之を付属し給う(同247ページ15~16行目)
其の本尊の 為体本師 ていたらくほんし の娑婆の上に 宝塔空 ほうとうくう 塔中 たっちゅう の妙法蓮華経の 左右 そう 釈迦牟尼仏 しゃかむにぶつ ・多宝仏・釈尊の 脇士上行等 きょうじじょうきょうとう の四菩薩・文殊弥勒等は四菩薩の眷属として 末座 まつざ に居し迹化他方の大小の諸菩薩は万民の大地に処して 雲閣月卿 うんかくげっけい を見るが如く十方の諸仏は大地の上に処し給う 迹仏迹土 しゃかぶつしゃくど を表する故なり(同247ページ16行目~248ページ-1行目)

末法の衆生のため法華経本門文底下種の本尊とは、本門の肝心たる「南無妙法蓮華経の五字」であると明かされる。そして、その本尊の様相を詳しく示され、釈迦牟尼仏と多宝仏を脇士とする偉大な本尊は、釈尊在世はもとより、正法・像法時代にもなかったと仰せになられる。

第20~23章

前代未聞の本尊について詳しく教えてほしいとの問いを立てられ、「五重三段」のうち、一代一経三段、法華十巻三段、 迹門熟益三段 しゃうもんじゅくやくさんだん 本門脱益 のんもんだっちゃく 三段を明かされる。

第24章

文底下種三段を明かし、「三世十方の諸仏が説いた無数の経典」は序文であり、「寿量」(内証の寿量品)、「 一品二半 いっぽんにはん 」(大聖人所立の一品二半)こそ 正宗分 しょうしゅうぶん であると示される。

第25章

在世の本門と末法の始は一同に純円なり但し彼は 脱此 だつこ れは種なり彼は 一品二半 いっぽんにはん 此れは但題目の五字なり(同249ページ17行目)

法華経の迹門・本門とも末法のために説かれたことが示され、末法の衆生のために説かれたことが示され、末法に流通すべき法は寿量文底の下種益の妙法たる題目の五字(南無妙法蓮華経)であると明かされる。「釈尊の一代聖教および三世十方の諸仏が説く無数の経典」は、南無妙法蓮華経を弘めるために用いられるので文底下種三段の流通分であることを示される。

第26章

所詮迹化他方 しょせんしゅっけたほう の大菩薩等に我が内証の寿量品を以て授与すべからず末法の はじめ は謗法の国にして 悪機 あっき なる故に これ を止めて 地涌千界 じゆせんがい の大菩薩を召して寿量品の肝心たる妙法蓮華経の五字を以て 閻浮 えんぶ の衆生に授与せしめ給う、又迹化の 大衆 だいしゅう は釈尊 初発心 しょほっしん の弟子等に非ざる故なり(同250ページ9~11行目)

法華経の本門が序・正・流通ともに末法の衆生のために説かれたことの文証を挙げ、末法における地涌の菩薩の弘教を明かされる。最初に、法華経本門序文の涌出品で釈尊が迹化・他方の菩薩の、弘教の誓いを制止したのは、地涌の菩薩に滅後の弘教を託すためであったと明かされる。

第27章

今の 遣使還告 けんしげんごう は地涌なり 是好良薬 ぜこうろうやく とは寿量品の肝要たる 名体宗用教 みょうたいしゅうゆうきょう の南無妙法蓮華経是なり(同251ページ9~10行目)

法華経本門正宗分の 涌出品 ゆじゅっぽん で弥勒菩薩が”地涌の菩薩をどのように教化してきたのか、滅後のために説いてほしい”と要請し、それを受けて説法された寿量品は、在世でなく滅後の衆生のためであることを明かされる。そして寿量品の「 良医病子 りょういびょうし の譬え」などを挙げられ、末法弘通の「人」と「法」を示される。

第28章

法華経本門流通分の神力品で、釈尊が10種類の神力を現したのは地涌の菩薩に滅後の弘教を付属するためであったと明かされる。

第29章

巳前の妙鏡を以て仏意を 推知 すいち するに仏の出世は霊山八年の諸人の為に非ず正像末の人の為なり、又正像二千年の人の為に非ず末法の始め予が如き者の為なり(同)253ページ7~8行目
此の時地涌の菩薩始めて世に出現し但妙法蓮華経の五字を以て幼稚に服せしむ(同253ページ16行目)

当に知るべし此の四菩薩折伏を現ずる時は賢王と成って愚王を誡責

し摂受を行ずる時は僧と成って正法を弘持す(同254ページ1~2行目)

地涌の菩薩は末法に出現すること、そして大聖人御自身が地涌の菩薩であることを明かされる。

第30章

此の時 地涌千界 じゆせんがい 出現して本門の釈尊を 脇士 きょうじ と為す一閻浮提第一の本尊此の国に立つ可し(同254ページ8~9行目)

天晴れぬれば地明らかなり法華を識る者は世法を得可きか(同254ページ16~17行目)

地涌の菩薩が必ず末法に出現するとの仏の未来記を挙げ、大聖人がその未来記にあたると結論されていく。


大段第三

総結

第31章

一念三千を らざる者には仏・大慈悲を起し五字の内に此の たま を裏み 末代幼稚 まつだいようち くび に懸けさしめ たも う(同254ページ18行目)

結論として、末法の衆生は、妙法蓮華経の五字すなわち御本尊を受持することによって必ず守られて成仏できるとの御本尊の大功力を示される。

本文

観心とは我が己心を観じて十法界を見る是を観心と云うなり、譬えば他人の六根を見ると雖も未だ自面の六根を見ざれば自具の六根を知らず明鏡に向かう時始めて自具の六根を見るが如し、諸経の中に処処に六道並びに四聖を載すと雖も法華経並びに天台大師所述の摩訶止観等の明鏡を見ざれば自具の十界・百界千如・一念三千を知らざるなり。

現代語訳

観心とは自分自身の心を見つめて、そこに十界を見ること、これを観心というのである。
譬えば、他人の六根(目・耳・鼻などの知覚・認識器官)を見ても、自分の六根を見ないなら、自分自身に具わっている六根は分からない。明鏡に向かった時、はじめて自身の六根を見る。諸経の中で随所に六道や四聖について触れているけれども、法華経や、天台大師が述べた『摩訶止観』などの明鏡を見なければ、自分自身に 具わっている十界・百界千如・一念三千をしることはないのである。(240ページ1行目~4行目)