立正安国論

壁にぶつかったら御書を開け

各段の趣旨

第一段

御書17ぺージ1行目から14行目

相次いで起こる天災や疫病。なすすべもなく人々が苦しんむ世の中を客は嘆き、その原因がどこのあるのかと主人に尋ねる。

第二段

同ページ15行目から20ページ13行目

先の答えに対する根拠を求めた客に対して、主人は四経(金光明経、大集経、仁王経、薬師経)を引いて説明する。
主人は、世の中の人が皆、正法に背き悪法を信じているために、国土を守護すべき善神が去り、その後に悪鬼、魔人が入り、それが災難を引き起こしているのであると「災難の根源」を明かし、「神天上の法門」を説く。

第三段

同20ページ14行目から21ページ16行目

客が、当時の仏教が隆盛する姿を示して反論する。主人は、当時の僧侶は実は、正法に背く悪侶であることを、経文を挙げながら示していく。

第四段

同21ページ17行目から24ページ4行目

悪侶とは誰のことを指しているのか、と客が問う。主人は、法然を名指しし、法然の著した「選択集」こそが、正法誹謗の邪法であることを明らかににしていく。

第五段

同24ページ5行目から25ページ18行目

法然を悪侶であるとした主人に対し、客は憤る。”法然の念仏も釈尊の経典から生まれたものに変わりはなく、主人こそ釈尊に背いている”と指摘し、帰ろうとする。
対して主人は笑みを浮かべて客をとどめ、まず、仮の教えを尊ぶ誤りを指摘。中国と日本の例を減少として挙げ、法然の法華経誹謗の罪を説いていく。

第六段

同26ページ1行目から12行目

客は主人の言葉を聞き、少し態度を和らげる。しかし、これまで高僧が多くいたたが、念仏を禁じる説を誰も言い出しことはなく、低い身分の主人がそう言うのは僭越だと語る。主人は謗法呵責の教えを悟り、過去に念仏が禁止された例を挙げる。

第七段

同26ページ13行目から30ページ7行目

客が災難を治める具体的な方法を問う。主人は、涅槃経・仁王経等を挙げながら、謗法の人を戒めて、正法を行じる人を重んじれば、国家は安穏になると述べ、国中の謗法を断つように勧める。

第八段

同30ページ8行目から18行目

”謗法の輩を断ぜよ”との主人の言葉に客は、斬罪は仏法の教えに反しないかと問う。
主人は、涅槃経等では斬罪が説かれているが、それは釈尊以前の事例であり、釈尊以後は、謗法への布施を止めることがそれに通じると述べる。

第九段

同31ぺージ1行目から32ページ17行目

これまでの疑いや迷いが晴れた客は、主人が言ったとおりに謗法に対する供養を止め、正法を行じる僧を重んじいていくの決意を表明する。主人はその申し出を喜んだ上で、七難のうち、まだ現実のものとなっていない他国侵逼難、自界叛逆難の二難が起こらないように、速やかにその決意を実行するよう訴える。

第十段

同32ページ18行目から33ページ4行目

客は自らの謗法を速やかに改めることを決意するとともに、自分と同じように邪義に惑わされている世の多くの人々を、覚醒させる実践に励むことを誓って本章は終わる